ちょうどいい夏の服 展が終わって

 

「ちょうどいい夏の服 展」に来て頂いた方、ありがとうございました。

暑い季節に突入し、9日間本当に苛酷な気温でした。

そんな中、ご来店して頂いた皆様の笑顔に支えられました。

 

初めての、東京都世田谷での開催。

「Eckepunkt」http://eckepunkt.comという素敵なお店で開催できた事、店長の熊田さんには心から感謝致します。

 

Eckepunktが出来るまでと、これから。

自身も物作りをされている熊田さんのお話を伺いながらずっとワクワクしていました。

それと同時に、僕に足りないものを痛感した時間でした。

自然体で、決して急がずゆっくりと絡まりながら成長していくマリモのように。

いびつだけど、生生しく、優しい。

立地、商品、空間、その全てが魅力的なお店です。

 

DMを置いて頂いた、自由が丘、九品仏、南林間の個人商店の皆様。

近所の大学で宣伝してくれた雅也君。

SNSで拡散して頂いた多くのお客様。

ありがとうございました。おかげで沢山の方にこの展示会を知って頂く事が出来ました。

 

僕は展示会の時に、その町の風景を切り取った町TシャツというシルクスクリーンプリントTシャツを販売します。

このTシャツは展示会を行う場所への「挨拶」と「敬意」の意味を込めています。

その上で、展示会を開催する前に町の歴史を調べたり、その町を散歩します。(半分趣味みたいなものです)

僕はあくまでもよそ者なのですが、仲間に入れて貰いたいなと思いながら。

今回は九品仏の風景をプリントしました。

期間中、そのTシャツに興味を持って頂けたお客様が多く、とても嬉しかったです。

お客様一人一人の自由が丘、九品仏の思い出を伺いながら僕もこの町を一層好きになる事が出来ました。

ありがとうございました。

 

繰り返しになりますが、今回の展示会に来て頂いた方、支えて頂いた方本当にありがとうございました。

これからも、末長くよろしくお願い致します。

コメント